読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代の波は速い

流行に遅れがちな大学院生のブログです。

【スポンサーリンク】

Shadowverse(シャドウバース)にハマってしまった

最近CMでよく聞く Shadowverse

 

グラブルで有名な Cygames が出している本格スマホカードバトルのゲームです。面白いスマホゲームを探している人には是非オススメしたい。

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

  • Cygames, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

 

 

Cygames は「最高のコンテンツを作る会社」というビジョンを掲げているだけあって、この Shadowverse もかなり面白いゲームとなっています。

 

どれくらい面白いかというと、基本的にスマホゲームがあまり好きではない僕がめっちゃハマってしまったくらいですね。こんなにスマホゲームにハマったのは初めてです。

 

ということで今回は、僕の独断と偏見に基づいて Shadowverseの面白さ を紹介していこうと思います。

 

本格カードバトル

f:id:naminori_wa:20160904134448p:plain

https://shadowverse.jp/gameguide/ より)

 

ゲームシステム自体はよくあるカードゲームと同じです。

 

「フォロワー・スペル・アミュレット」をうまく組み合わせて戦います。(遊戯王で言うと「モンスター・通常魔法・永続魔法」という感じでしょうか。)

 

いい意味で見慣れたゲームシステムなのですぐに慣れます。

 

 

7種類のリーダーを使い分けられる

 

デッキを組むとき最初にリーダーを選ぶのですが、このリーダーによって使えるカードの種類が異なっており、それにより戦術も大きく変わってきます。

 

フォロワーを大量展開しながら押していくエリカ(ロイヤル)、自分のHPが半分以下になったときに強化されるカードが多いユリアス(ヴァンパイア)など、自分の好みに応じて使いたいリーダーを選ぶことができます。

 

デッキは9個まで作成することができるので、気分に応じてデッキを使い分けることができるのも良いですね!

 

(ちなみに9月8日のアップデートでデッキが18個まで作成できるようになるそうです。)

 

オンラインの対人戦が楽しい

 

やっぱりCPU戦よりも対人戦のほうが楽しい!ということで、多くの人がオンラインでランダムでマッチングして対戦しています。

朝・昼・夜・深夜を問わず、どの時間帯でもだいたいすぐにマッチングします。

 

ランクをかけた対人戦はいつも手に汗握る勝負になります!

 

また、ランダムなマッチングだけではなく、自分で対戦のルームを作って人を招待することもできるので、リアルの友達との対戦ももちろん可能です。

 

スマホをプロジェクタにつないで、多人数で観戦しながら対戦するのは楽しかったです(笑)

 

2Pickが楽しい

 

通常のオンライン対戦は自前のデッキを使って勝負しますが、この 2Pick は即興で作ったデッキで5戦するものです。

 

具体的には「2枚組のカードがランダムに2つ提示され、それのどちらをデッキに入れるかを選択する」というのを15回繰り返して30枚のデッキを作ります。(通常のバトルではデッキは40枚)

f:id:naminori_wa:20160904145152p:plain

( https://shadowverse.jp/column/detail.php?id=post-880 より)

 

この 2Pick、5戦中何回勝利したかによって報酬が変わってきます。実際にやってもらうとわかるのですがこの報酬がなかなか良く、うまい人は無課金でもかなりの報酬が得ることができます。

 

(9月8日のアップデートで、ログインボーナスが追加されるなどの影響で 2Pick の報酬は下がるそうですが。)

 

イラストがかっこいい・可愛い

 

どのカードもイラストがすごく良い!

僕のお気に入りはこの「フローラルフェンサー」です。めっちゃ可愛い。

f:id:naminori_wa:20160904142611p:plain

フローラルフェンサー - シャドウバース(シャドバ)攻略DB Wiki Wikinity より)

 

 

声優も豪華 

 

豪華声優陣により、すべてのフォロワーにしっかりと声がついています

ゲームシステムだけではなく、こういうところまでしっかりと作りこまれているのは嬉しい。

 

 

進化機能が楽しい

 

すべてのフォロワーはバトル中に進化し、能力があがったり特殊な効果を発揮したりします。

 

進化の回数には制限がある(先攻は2回、後攻は3回)ので、どこで誰を進化させるかが重要になってきます。

 

また、進化することでちゃんとイラストも変わるのも見てて楽しいポイントです。フローラルフェンサーもこんな感じに。

f:id:naminori_wa:20160904151101p:plain

https://shadowverse-portal.com/card/100221010 より)

 

 

フレーバーテキストも充実

 

フレーバーテキストとは、各カードの背景設定や世界観を表現した文章のことです。)

 

バトルとは一切関係ないですし、バトル中に見ることもできませんが、フレーバーテキストはやはりカードゲームには重要な要素です。

 

Shadowverse の各カードのフレーバーテキストを眺めていると、ちゃんとカードの能力やスキルにあった内容になっていて、「おおー」って感じます。

 

しかも進化前と進化後でちゃんとフレーバーテキストも変わるのもGoodです。

 

 

PCでもプレイ可能

 

8月末にPC版もリリースされ、スマホだけではなくPCでもプレイ可能になりました。

 

僕は圧倒的にスマホよりもPC派なので、これはかなり嬉しいです。

 

しかし現時点(9月4日)ではまだWindowsでしかプレイすることができず、Macユーザの僕は指をくわえてMac版のリリースを待っています。9月中にはMacへの対応もされるそうです。

 

ちなみに、Shadowverse Portal というWebサイトがあり、これを使うとPC上でデッキの編集ができるので、スマホでちまちまとデッキを編集するのが面倒な人にオススメです。

Shadowverse Portal|シャドウバースポータル|Shadowverseのカード一覧&デッキシミュレータ

 

 

最後に

 

長々と書きましたが、言葉で楽しさを表現するのはなかなか難しいので、とにかく一度やってみてください!

 

いまなら、テレビCM放映記念キャンペーン第2弾としてレジェンド(レア度が一番高い)のカードが2枚もらえるので、早めにやってみることをオススメします!

【スポンサーリンク】