読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代の波は速い

流行に遅れがちな大学院生のブログです。

【スポンサーリンク】

就活で学歴フィルターを感じたり感じなかったりした話

就活

 

高学歴の人にとってはむしろありがたいが、そうでない人にとっては気にせざるをえない学歴フィルター。

 

今回はそんな学歴フィルターの有無に関する話をいくつかしていきます。

 

 

 

学歴フィルターがあるという話

以前、友達数人(国立理系)でとある企業のESを適当に書いて出したらみんな通りました。

 

こんな適当なESで通るんだったら全通なのかなと思ってたら、中堅私大の知人いわく「周りの人は全員落ちて、その企業は最難関と言われている」そうな。

 

そのESはめっちゃ短かったので、もしかしたら学歴フィルターのためだけにあったのでしょうか。そうだとすると、かなりあからさまな学歴フィルターですね。

 

 

学歴フィルターがないという話

とあるインターンの懇親会で社員の方が「今日は聞かれたことになんでも答える」と言ったので、「学歴フィルターってあるんですか?」と率直に聞いてみました。

 

その社員の方いわく「うちの会社では学歴フィルターは一切ない。ちゃんとESを全部読んでいる。(コンサル会社なのでESが論理的に書けているかを見た結果として)高学歴の人が多く残ることになる」とのこと。

 

確かに、そのインターンには中堅私大の人もごくわずかながらいましたので、学歴でフィルタリングしてなさそうではありました。

 

学歴フィルターがあるかどうかわからない話

インターンにいくつか参加しましたが、会社や職種にかかわらず高学歴がほとんどでした。ゲーム会社ですら、全員が早慶以上という。

 

本選考とインターンの選考ではけっこう違うのでしょうが、やはり学歴フィルターの存在をにおわせる感じはしました。

 

おわりに

私は会社説明会などは行ったことはありませんが、学歴によって予約のとりやすさが違うなどの話もよくインターネットで流れていますね。

 

こそこそと学歴フィルターをかけずに、もっと堂々とやっちゃったほうがお互いのためになるのにと思うのですが、なかなかそうもいかないのでしょうねえ。難しい世の中です。

【スポンサードリンク】