時代の波は速い

流行に遅れがちな大学院生のブログです。

【スポンサーリンク】

ブログを書き始めて気づけた自分の足りない部分

f:id:naminori_wa:20161009133117j:plain

ブログなんてちょいちょいっと書けるだろ。なんせ僕は高校時代、毎日欠かさず日記を書き続けた男だからな。(ガラケーでやってた部活のホームページの個人日記にて。同じ世代の人にはわかるはず。)

 

と、軽い気持ちで始めたブログですが...

 

 

 

 

書くことがない

20年以上生きてきたし、それなりに色々と頑張ってきたつもりだから、きっと書くこといっぱいあるでしょ!と思っていたのですが

 

「ああ、書くことがない......」

 

冷静に考えてみたら、これまで典型的なレールに乗って生きてきたので、自分の人生には周りから見て面白いと思えるものが少ないことに気づきました。

 

高校時代に日記を毎日書いていたと言っても、それは閲覧者が学校の友達だったからこそ、日常的なことや内輪ネタを書いてもちゃんと読んでもらえたからだったんですね...。(部活のホームページで個人日記を書くのがブームだったということもある。)

 

別にブログ記事を書くためというわけではありませんが、もっと自分にコンテンツ力を持たせないといけないということを実感しました。

 

 

人を惹きつける文章が書けない

とはいうものの、ちょいちょい書くネタはあります。

 

が、しかし、書いていて自分でも思うのですが...

 

「なんて面白みのない文章なんだ......」

 

論文とかの執筆を通して、正式な場で正確な文章を書く能力はそれなりに身につけてきました。

 

でも、こういった自由な場で、人を惹きつけるための文章を書くという能力は今まで意識してこなかったのです。

 

この前、こんな記事を読みました。

 

コンテンツ自体も面白いですが、何よりもこの人の書く文章が面白い。

 

このレベルとはいかなくても、自分ももっと人を惹きつけられるような文章を書けるようにならなければ...

 

ということで、今後とも頑張って記事を書いていくので、何卒よろしくお願いいたします。

【スポンサーリンク】