読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代の波は速い

流行に遅れがちな大学院生のブログです。

【スポンサーリンク】

後悔しない履修の決め方 ~初めての時間割組み~

教育・勉強

 

大学新入生のみなさん、入学おめでとうございます!

 

さて、大学ではとる授業を自分で決めて、時間割を組んでいかなければなりません。いわゆる「履修決め」「履修登録というものをしていきます。

 

基本的には入学してすぐに授業が始まるでしょうから、のんびりと履修決めをしている余裕はそんなにありません。

 

ということで今回は、後悔しない履修の決め方・時間割の組み方について、さーっと書いていこうと思います。

 

具体的な方法(シラバスを見て...とか)は色んなサイトに載っていると思うので、「こういう心持ちで履修を決めよう!」って感じのことを書きます。

 

単位のとりやすさよりも自分の興味を優先する

大学内のなんらかの団体が発行している冊子や、先輩たちからの口コミなどによって、「この授業はめっちゃ単位がとりやすい」などの、いわゆる「楽単」の授業の情報を手に入れることができるでしょう。

 

しかし、全く興味がなく面白いと感じられない授業をとって、自分の役に立つとは思えません。

 

「楽単」といっても、出席やテストやレポートなど、単位を取るのにある程度の労力はかかります。どうせ時間を使うなら、自分の興味のある授業、自分のやりたいことに活かせそうな授業をとったほうが断然良いです。

 

あと僕の経験上ですが、興味があって楽しいと思った授業のほうが、結局のところ良い成績をとりやすいです。

 

あくまでも「勉強」「学問」をしに大学に来ているのですから、その本分において手を抜くことはあまり考えないようにしましょう。

 

でも、あまり負担の重い授業をとりすぎても、今度は逆に勉強しかしない大学生みたいな感じになってしまうかもしれないので、そこらへんのバランスはうまくとるようにしましょう!

 

幅広く授業をとる

上の内容と少し矛盾しているかもしれませんが、色んな分野の授業をとってみてください。「俺は経済学の鬼になるから経済系の授業しかとらないぜ!」みたいなのも悪くはないとは思いますが、自分の専門以外の知識を浅く広く持っておくことは非常に良いことです。その知識がどこかで活きてくることもありえます。

 

「専門分野を極める」と「専門分野のことしか知らない」は全然違います。せっかく、色んな学問に触れる機会を手にしたのですから、その機会を有効活用しましょう!

 

時間を有効活用できる時間割にする

例えば、月〜木に授業をつめて金曜は丸1日休みにするなど、大学生ならではの時間の使い方をすることもできます。

逆に、3限と5限があって4限がないなど中途半端に空きコマを作ると、場合によってはうまく時間の無駄になってしまうこともあるので、自分の都合と相談してうまく時間割を埋めましょう!

 

まとめ

自分が少しでも興味のある授業を幅広くとりつつも、ある程度の余裕を確保した時間割を組めるようにしましょう!

 

あと、履修したのはいいけど、大学の教科書は高いよ〜...って人向けの記事もどうぞ。

naminori-wa.hatenablog.jp

【スポンサーリンク】