時代の波は速い

流行に遅れがちな大学院生のブログです。

【スポンサーリンク】

株とFX どっちがいい?(大学生目線)

 

あ〜〜〜働かずにお金がほしい〜〜〜〜〜〜。

 

ということで、株とFXに少し手を出してみました(儲かってませんが)

 

今回はそのときの経験をもとに、大学生目線で株とFXの比較をしてみたいと思います。(デイトレ・短期売買を想定しています。)

 

 

取引時間について

株は取引時間が平日の9:00~11:30・12:30~15:00とかなり制限されています。時間外取引(PTS)をできる証券会社もありますが、PTSをメインに取引することはほとんどないと思います。それに対して、FXは平日は24時間いつでも取引をすることができます

 

取引時間だけで見るとFXのほうがいいかなって思うかもしれませんが、僕はこの「24時間いつでも取引できる」というのを逆に恐ろしく感じています。いつでも取引できてしまうと、止めどころを見失ってしまうというか......。勝ってたならいいですが、負け続けて止めどころを見失ってしまうと最悪です。

その点、株は取引時間が終われば嫌でも取引できなくなりますから、取引に熱中しすぎて日常生活に支障がでるってことは少ないと思います。

 

社会人は株取引をする時間があまり確保できないかもしれませんが、大学生なら空きコマなどを株取引の時間に使うこともできそうです。

 

必要資金

少額で株をすると、資金不足で買えない銘柄が多く、悲しい思いをする場面があるかもしれません。かといって、上手くいかないということもないです。僕は最初は5万円ほどの資金でやっていましたが、5万円以下で売買できる株もそれなりにあるので大丈夫でした。有名どころの企業だと、Yahooとかガンホーとかの株も5万円以下で取引できます。(取引したいかどうかは別問題)

 

少額で取引のできる「ミニ株」などもありますが、使う機会はほとんどないと思います。僕も最初は「ミニ株で好きな企業の株を少額で買おう!」とか謎なことを思っていたのですが、実際にミニ株で取引したことはないです。

 

FXはかなり少ない資金で始めることができます。僕は資金5万円ちょいから始めましたが、不自由なく取引できています。FX会社によっては、数千円とか100円とかでも取引はできます。(儲かるかどうかは別問題)

 

手数料

株は取引に手数料がかかります。FXはほとんどの会社で手数料がかからない代わりに、スプレッド(売値と買値の差)がありますが、スプレッドを手数料と考えても、株の手数料よりは安いです(多分)。そのため、スキャルピングなどはFXのほうがいいのでしょうか?

 

税金や扶養控除

税金についてはネットにわかりやすい記事がいっぱいあるのでググってください。

学生や主婦が株やFX(とバイト)で稼ぎすぎてしまった場合、扶養から外れて親や夫の税金が増えてしまいますが、株なら「源泉徴収ありの特定口座」にしておけば、株の収入によって扶養から外れることはないので安心です。

 

楽しさ

株は非常に多くの銘柄から売買する銘柄を選ぶ必要があるので、必然的にいろんな企業のことを知ることになるのが楽しさの1つだと思います。旬のテーマなんかも把握しておかなければならないので、流行に敏感になるかもしれません。FXもなんか色々と勉強になります(適当)

 

まとめ

とりあえず同時でも片方ずつでもいいので、両方やってみたらいいと思います(この記事の存在意味のなさ)

【スポンサードリンク】