時代の波は速い

流行に遅れがちな大学院生のブログです。

【スポンサーリンク】

塾講師5人で話し合った@居酒屋 ~こんな生徒はダメ~

先日、バイト先の塾講師5人でお酒を飲みながら、「こんな生徒はダメだよね。こんな生徒は良いよね。」って話をしていました。

 

そのときに出た話の一部を、少し辛口で紹介していきたいと思います。
(ちなみにここでいう生徒とは「大学受験を目指す高校生」を指しています)

 

 

すぐに質問する生徒はダメ

うちの塾を卒業した生徒が、後輩たちにこんなメッセージを残しました。

 

「すぐ答えを聞きに質問しにいくのはダメ。まずはちゃんと自分で考えて、私はこう考えたっていうのを先生に伝えた上で質問をするべき。ちゃんと自分で考え抜いた上で質問したものは、頭にも残りやすいし。」

 

本当に本当にその通りです。(僕も前に似たような内容の記事を書きましたけど)

 

質問する前に、まず自分で調べてください。まず自分で考えてください。

 

数学で「この問題の解き方がわからない」って聞いてくる人、本当に教科書や問題集を読んで調べました?基本的な問題のほとんどは、値を変えただけのほぼ同じ問題が教科書に載っているはずです。

 

それを見ながら解答を書くことはできますよね?たとえ間違っていたとしても、全く書けないということはないですよね?それができないほどのバカなら、悪いことは言わないので大学受験やめたほうがいいですよ。


解き方を調べた上で質問するなら、「この問題の解き方がわからない」ではなく、「なぜこの解き方をするのかわからない」や「なぜこの式が成り立つのかがわからない」などの質問になるでしょう。

 

 

英語で「この英文がわからない」「この文法問題がわからない」という人、お願いだからまずは教科書か参考書を読んでください。それでも載ってなければググってください。今あなたがこのブログを読むのに使っているスマホやPCをなぜ勉強にも使わないのでしょうか。この世の中、Web検索で情報収集ができないのは致命的ですよ。


そこまでしてもわからなければ、どうぞ質問しに来てください。その問題を一緒に考えましょう。

 


最近、Twitterでも「この問題の解答教えて下さい…(問題の写メ付き)」って感じのツイートをする人がよくいますよね。しかし、調べたら載ってる問題であったり、考えた形跡が全く感じられなかったりする場合が大半です。

 


僕たちが「すぐに質問をするな」と言っているのは、何も楽をしたいからではありません。むしろ、質問しにきてくれたほうが僕たちは楽しいですよ。塾講師っていうのはそういうものです。

 

しかし、質問ばかりする人が仮に大学に入学できたとして、大学でやっていけるのでしょうか?調べたらわかるようなことをすぐに人に聞く人が、大学に行く意味があるのでしょうか?

 

大学では能動的に学んでいく必要があります。自分の学びたいことを、自分で学んでいく必要があります。すぐに質問できる環境なんて今のうちだけしかないということを、しっかり理解しておいてください。

 

すぐに方法論に頼る生徒はダメ

「○○の勉強方法教えて下さい」「単語の覚え方を教えて下さい」などといったことをすぐ聞いてくる生徒がたまにいます。特にTwitterにけっこう多い気がします。「楽をしたい」っていう考えが根本にあるのが見え見えですよね。

 

こういう質問を受けて真っ先に思うのは、「そんな質問してる暇あったらさっさと勉強しろ。暗記しろ。」ということです。

効率の良い勉強方法・暗記方法の答えなんてあったら、世の中の高校生がみんな実践しているでしょう…。それに効率の良い勉強方法・暗記方法なんて、人によってそれぞれ違うものです。

 

また、人によって学力や暗記力に差があるのは当然です。「僕はこの方法で単語をこんなに覚えられた」「この参考書だけで○○点とれた」などの言葉や投稿をそのまま鵜呑みにしないでください。

 

最近(昔から?)「○ヶ月で偏差値をxx上げる方法!」みたいなTwitterアカウントが多いです。どこからどう見ても胡散臭い感じがしますが、こういうアカウントを大量にフォローしている高校生ってけっこういるんですよね。もはや、勉強できる・できない以前の問題な気がします。

 

数学は暗記だ!という生徒はダメ

たまに「数学は暗記だ!」という生徒がいます。

確かに公式などは、ある程度は暗記しないといけない部分もあります。しかし、「数学は暗記だ」と言うのは「私は考えることを放棄している」と言っているのと同じ気がします。

 

「なぜその解き方をするのか」「なぜこの公式が成り立つのか」などをしっかり理解した上で問題を何度も解いていくことにより、確かに暗記につながっていきます。

しかし大事なのは、その暗記につながるプロセスである「理解」と「反復練習」で、そこをないがしろにするのはナンセンスです。

 

というかそもそも、暗記数学ってめっちゃつまらなくないですか?

暗記数学をやめる(数学が苦手な高校生向け) - 時代の波は速い

 

まとめ

要するに、「自分の力でしっかりと考える・調べる」ことができるようになってほしいのです。それができないような人が大学に行ったところで、学問できるのでしょうか。

【スポンサードリンク】
 
 
こんな記事も読んでね!