読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代の波は速い

流行に遅れがちな大学院生のブログです。

【スポンサーリンク】

SNSに疲れてきた

 

SNSをやっている人って多いですよね。

僕もTwitterFacebook・LINEをよく使っています。昔はmixiばかり使ってました。

 

総務省が出したデータでは、20代以下のLINEの利用率は約6割、TwitterFacebookの利用率はそれぞれ約5割となっています。思っていたよりは少ないかな?

総務省|平成27年版 情報通信白書|SNSの利用率

 

SNSは非常に便利でもはやSNSがない時代に戻れる気はしませんが、精神的に疲れる部分も多くないでしょうか。ということで、数年前から「SNS疲れ」という言葉が使われています。

 

SNS疲れ」とは...

SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰に気にしたり、知人の発言に返答することに義務感を感じたり、企業などのSNSで見られる不特定多数の利用者からの否定的な発言や暴言に気を病んだりすることを指す。代表的なSNSやアプリの名称を用いて、ツイッター疲れ、フェースブック疲れ、ライン疲れなどともいう。

デジタル大辞泉収録キーワード一覧 - コトバンクより引用)

 

 

うん、納得!

Twitterで面倒くさい人からリプライがとんできてその対応に困るとか、あるあるですよね!(自分もその面倒くさい人になっている可能性はある)

あと、自分の投稿にどれくらい反応がくるかな〜って待ってるときとかも、楽しくはありますけどなんか疲れます。

 

 

 

別にその解決策ってわけではないんですが、最近「リアルの知り合いが一切フォロー・フォロワーにいない匿名のTwitterアカウント」を使っています。

 

リアルで会う機会がある人たちともずっとSNSつながっているって感じが、どうもあまり好きではないんですよね。僕が「SNS疲れ(Twitter疲れ)」を感じている一番の理由はこれだったようです。

 

さて、このリアルの知り合いを排除したアカウント、最初はフォロワーを集めるのが少し面倒でしたが、 その山を越えるととても居心地のいいアカウントになりました。(どう良いかって言われると自分でもよくわからないですが。)

 

もし、Twitterに疲れている人がいたら、このリアルの知り合いが一切フォロー・フォロワーにいない匿名のTwitterアカウント」を試してみたらどうでしょうか?

 

短いですが今回はこれで終わります〜

【スポンサードリンク】