読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代の波は速い

流行に遅れがちな大学院生のブログです。

【スポンサーリンク】

フレッツ光の転用は本当にお得?代理店からの勧誘に注意!

お役立ち情報? インターネット フレッツ光 転用

(注)この記事の数日後に書いたこちらの記事

naminori-wa.hatenablog.jp

も合わせて読んでください。

最終的に@T COMでそんなに不自由せずにインターネットを使えています。

 

 

情報系の学生のくせに、インターネット関係に弱いことに定評のある僕です。

さて、今回は僕が痛い目にあった

フレッツ光の転用の失敗

について書こうと思います。

少し急いでいたときに家に代理店が訪問してきて、よく理解しないまま急いで契約してしまって、本当に痛い目にあいました。なぜあんなに安易に契約してしまったのか...。自分の愚かさと無知が招いた失敗ですが、他にも同じような失敗をしてしまう人がいるかもしれないので、記事にしておこうと思います。

ちなみに契約したのは@T COM、訪問してきた代理店はジ○○○○合○○○○とかいう会社でした。

 

フレッツ光の転用とは?

僕自身が間違って理解してる可能性があるので、公式ページを見てください。

flets.com

要するに、NTTはフレッツ光回線を他のプロバイダ業者などに貸し、私たちはNTTではなくその業者と契約を結ぶ形態だという認識でいいのでしょうか。

 

転用したほうが料金が安い?

フレッツ光回線とプロバイダの2つを別々に契約したときの料金よりも、この転用を利用して契約を1つにまとめた料金のほうが少し安くなるようです。

僕はこれまでは、フレッツ光で約3300円、プロバイダ(YahooBB)で約1000円、合計4300円ほどを毎月支払っていました。

今回は「@TCOMだと毎月3800円なので安くなります」と言われ、契約しました。

 

しかし実際は、3800円よりも1000円以上多く支払う羽目になってしまいました。

(追記:12/17)

改めて@T COMに確認したところ、そんなことはなかったです。

 

 

当たり前ながら消費税がかかる

毎月3800円と口うるさく言われましたが、よく見たら税抜きで3800円だったので、実際は4104円になります。こんな基本的なところを見落としていたなんて、恥ずかしすぎます...。

 

NTTからの請求内訳をしっかりとチェック

転用によってNTTからの請求がなくなると思っていましたが、そんなことはありませんでした。

f:id:naminori_wa:20151215004231j:plain

僕はアパートに住んでいて、フレッツ光の契約をしたときに工事が必要でした。そのときの工事費が分割されて毎月840円引き落とされていました。割引キャンペーンなどで安くなった分とうまく相殺しあって、この工事費のことを意識していませんでした。

 

転用したからといって、まだ払い終わってない残りの工事費がなくなるなんてことは勿論ありません。残りの工事費は、払い終わるまでしっかり請求されます。

そして、NTTとの契約ではなくなるので、上記の明細書に書いてあるような割引はなくなります。

その結果、工事費が毎月余分にかかることになります。僕の場合、工事費の支払いがあと8回分ほど残っていました。 

ということで実際にかかる値段は、4104円に840円を合わせた4944円となります。

その結果、今よりも650円ほど多く支払うことになってしまいました。

(追記:12/17)

なんかよくわからないけど、これからも工事費が毎月750円割引されるようです。

ということで毎月の料金は、4104+840-750=4194円みたいです。

 

解約時期のずれ

当然ながら、定められた更新月以外での解約はお金がかかります。@TCOMは、契約から2年の月以外で解約すると12000円かかるそうです。

中途半端な時期に契約してしまうと、更新月での解約が難しくなってしまいます。

僕みたいな1人暮らしの学生だと、卒業する少し前あたりの時期に引っ越すなんてパターンも多いと思いますので、引越しの時期を見据えて契約するべきです。

 

キャッシュバック?

プロバイダの乗り換えなどでは、キャッシュバックがあるパターンも多いようです。(今回はなかったのですが...)  このキャッシュバック制度、本当にちゃんとしてるのかどうか怪しいと思った経験があります。

今回ではなく、YahooBBと契約したときの話なのですが、キャッシュバックが届くと言われた月になっても全く届く気配がなかったので、こちらから問い合わせたところ、「ミスで発送していなかった」という返事がきました。数週間後、キャッシュバックの小切手が届きました。

こっちが問い合わせしなかったら、このままなかったことにされていたのでしょうか...。

 

肝心の回線速度は

損失額でいうと10000円もないだろうし、まあ我慢するか...と思っていたら、肝心の回線速度が死にました。

フレッツ光+YahooBBのときは、常時下り20~50Mbpsくらいは出ていました。しかし、@T COMでは下り1Mbpsいけばいい方でしょうか。au Wi-Fi使ったほうが速いときすらあります(笑) 

 

転用したら戻せない

あまりに@TCOMが遅すぎるので元に戻したかったのですが、一度転用してしまうと元には戻せません。別のプロバイダと契約してそのプロバイダを使用することは可能ですが、余計に料金がかかってしまいます。

 

代理店が...

【スポンサードリンク】
 

 

 

正直、@T COMと契約したことよりも、この代理店を通して契約したことが1番きつかったです。契約してしばらくは、精神的にかなりやられてました。その間、Twitterでこの会社の被害者とつながったりしました(笑)

 

ジ○○○○合○○○○という会社の社員が訪ねてきて、@T COMの契約をしました。そのとき、10個ほどのオプションをつけられました。よくある、初月無料なのでそのうちに解約してくださいっていうやつです。

その、つけられたオプションがなんだか不気味でした。

 

まず、どんな会社が運営しているオプションなのかが全くわからない。なんとか無事に解約はできましたが、わけのわからない会社に個人情報を渡されてしまったのは、後味が悪いです...。

 

ジ○○○○合○○○○が運営しているオプションに関しては、そのオプション専用のサポートセンターに電話してもいつも留守番電話という、もはや笑えるネタでした。

その会社自体のサポートセンターに問い合わせたところ、解約はネットからしてくれと言われたのですが、暗号化すらしていないフォームから個人情報を送信しないといけないという凄い仕様だったので、説得して電話で解約させました。

電話で解約したオプションに関しては、一応全て録音もとってあるので、なにかあっても少しは安心です。

 

(追記:12/16)

クレジットカードの使用履歴を確認したところ、この会社から、解約したはずのオプションの使用料請求がきていました。ちゃんと解約したんですけどねえ。

 

いまと今後

クレジットカードの悪用が怖いので、カードの仕様履歴を頻繁に見るようになりました(笑) 例の代理店とオプション契約するときに、紙にクレジットカード番号を書かされたんですけど、あんなにセキュリティがガバガバな会社にクレジットカード番号を渡してしまったのが悔やまれる...。

12000円かかってもいいので@TCOMは解約しようと思います。さすがに遅すぎる。UQ WiMAXのお試しキャンペーンを試してみて、よかったらそっちに乗り換えようかな。

(追記: 12/17)

@T COMに回線が遅すぎるため解約を検討していると伝えたところ、「テクニカルサポート的なところから折り返し電話をする」ということと「お試し期間として来月分の料金を無料にする」ということを言われました。また、「解約せずに引き続き利用したら10000円分のポイントを付与する」ということも言われました。解約されないように必死ですね。どちらにせよ、来月分無料なのはありがたいです。

(さらに追記)

ギガプランというものがあるらしく、そちらへの変更(手数料2000円)を勧められました。手数料がかかる分、「さらにもう1ヶ月料金を無料にする」もしくは「ルーター(価格.com - NEC AtermWG600HP PA-WG600HP 価格比較)をプレゼントする」のどちらかをしてくれるそうです。前のプロバイダから借りてたルーターを返さないといけなかったので、ルータープレゼントのほうを選びました。とりあえず、そのギガプランとやらを試してみて、解約するかどうかを決めます。

 

まとめ

フレッツ光の転用に関しては、料金や契約時期などをしっかり確認するようにしましょう。余計にお金を払うことになります。また、回線速度にも注意です。

もちろん、適切な契約をすれば、フレッツ光の転用はかなり有用なものです。 

 

(追記:12/17)

「回線速度が遅いから解約を検討している」などとサポートセンターに言ってみることは、割と有意義なことなのだと実感しました。解約させないために、できる限りのことはしてくれるみたいですね。

 

今回の件で、契約やお金に関することにすごく敏感になりました。この失敗を良い教訓にして生きていこうと思います。